ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について

皆さんはZEHについて、どこまでご存知でしょうか?

 

今日はZEHについて一人でも多くの方に理解して

頂きたくお話させて頂きます。

 

ZEHとは、Net ero nergy ouse

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で

年間に住宅で消費する1次消費エネルギー(空調・給湯・照明・換気)

よりも住宅で作り出すエネルギー(太陽光発電等)の方が多い

(または差がゼロになる)住宅の事ことです。

 

具体的にどんな設備の住宅かと言いますと、高気密・高断熱仕様の

住宅で太陽光発電等でエネルギーを創り 設備もLEDや空気の熱を

利用するヒートポンプシステム採用のエコキュート(給湯器)や

エアコン暖房といった省エネ設備機器を使い、エネルギーを無駄なく

コントロールできるHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)

を組み合わせた住宅の事です。

 

因みに政府は2020年までに『ZEH』を標準的な住宅にする

と目標を掲げています。

 

それはどうしてかと申しますと、日本国内の家庭部門における

最終エネルギー消費量はオイルショック以降約2倍に増加し

全体の15%程を占めています。

また家庭で使われるエネルギーの約半分が冷暖房で使われており

世界的プロジェクトである地球温暖化対策のCO2削減には

この家庭部門のエネルギー削減が不可欠であり そのためには

建物の断熱性向上が重要です。

 

そこで政府は住宅で使われるエネルギーを少しでも削減し

エネルギー問題を解決すべく、断熱性能などに基準を設け

2020年までに『ZEH』仕様の住宅を標準的な新築住宅

として実現させるために 補助金を出し普及を促進しております。

 

弊社も一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)が公募した

平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」

においてZEHビルダーとして承認されまして、現在建設中の

お客様の住宅にて補助金125万円が決定となりました。

 

ここでつけ加えますと、現時点でZEHビルダー登録または

グリーン化事業登録者は全国で約75%ですが、実際に

『ZEH』仕様の住宅を建てているビルダーは約5%程度だそうです。

(大手ハウスメーカーが大半)

それくらい補助金申請には手間がかかり審査も厳しいのが現状です。

 

ただ皆さんも感じているとおり 世界的に異常気象になっているのは

確かで、今地球温暖化対策を真剣に取り組まなければ、子供達の未来は

ありません。

 

また2020年 には『ZEH』仕様の住宅を標準的な新築住宅としての実現

省エネ基準適合住宅の義務化が予定されております。

 

ZEHは未来の住宅だと思っていた方が多いかと思いますが

2020年まであと約3年です。

 

これからは省エネ性を高める事住宅性能にお金をかける時代

となり今から基準をクリアした住宅にしなければ、近い将来

大変後悔する事になります。

 

現在、新築住宅をご検討されている方は、ぜひ3年後のことも考えて

高気密・高断熱のZEH仕様・低燃費住宅であるパッシブ換気の家

お勧め致します。

 

ZEHについてやパッシブ換気の家について詳しく知りたい方は

ぜひお気軽にご連絡くださいませ。