【重要】2020年 省エネ基準適合住宅の義務化について

新築住宅をご検討されている方は、ご存知かと思いますが

2020年 省エネ基準適合住宅の義務化が決定されております。

 

あと約3年後です。

 

そうなると新基準をクリアした省エネ住宅でなければ

建てられなくなります。

 

ただ、今現在はまだ義務化ではありませんので

基準を満たさない住宅も建設が可能です。

 

皆さんは今のうちにローコスト住宅を建てようと

思いますか?

 

でも今1度考えてみてください。

 

たった約3年の違い基準を満たしていない住宅

となり資産価値が大幅に低下してしまうのです。

 

住宅は何度も建てる訳にはいきません。

 

せっかく建てるのなら 今から将来を見据え、

基準を満たした住宅を建てた方が良いと

思いませんか?

 

今後はZEH仕様の住宅が当たり前の時代となります。

それは、CO2の排出を抑え地球温暖化対策となり

子供達の未来にも貢献する事となります。

 

たしかにZEH仕様の住宅は、ローコスト住宅に比べて

若干イニシャルコストは上がります。

 

ただ、光熱費や将来のメンテナンス費用など

ランニングコストは大幅に下がりますので

家計の面でも非常にメリットのある住宅です。

 

今は車もエコな低燃費車種が売れていますよね?

では、同じように一生光熱費を支払う住宅は

なおさら低燃費の方が良いとは思いませんか?

 

弊社でお勧めしております、パッシブ換気の家

もちろん省エネ基準をクリアしており

標準でZEH仕様対応となっております。

 

ZEH仕様は太陽光パネルでエネルギーを創り

HEMSによる一括管理で、設備機器を

ライフスタイルに合わせた省エネ自動運転が

可能となり 時間にもゆとりができ

床下エアコン1台での暖房の為

お家を広々とお使い頂けます。

 

また、吸気口から取りこまれた新鮮な空気を

床下で暖めるため足元から暖かく、暖められた空気は

家全体をムラなく暖めたあとハウスダストや有害物質と

ともに天井の排気口から必要な分だけ排気されますので

ほこり(アレルギー)や温度ムラ、結露の少ない

快適な住環境をご提供できます。

 

ぜひこの機会に 自然の力を利用した機械に頼らない

人にも地球にも優しいZEH仕様のパッシブ換気の家を

ご検討くださいませ。